脱毛サロンで施術を受ける前に自己処理すべきか否か

自己処理腕の自己処理する写真

脱毛サロンでカウンセリングを受けますと、施術を受ける前の注意事項が伝えられます。その1つは自己処理です。

施術を受ける当日までに、ムダ毛は剃ってきて欲しいと伝えられる訳ですが、それでも無理は禁物です。難しそうな時は、無理に自己処理する必要はありません。

脱毛サロンが自己処理をお願いする理由

なぜ脱毛サロンは自己処理するよう伝えてくるかというと、リスクがあるからです。そもそも脱毛サロンが使用している機械からは、光が放出されるでしょう。それが体毛に働きかけて、除毛されるのです。

ところが機械から放出される光は、黒い色に反応してしまう性質があります。体毛の色は黒いですが、それが光を吸収してしまいますと、高熱を発してしまう訳です。

火傷のリスクが高まってしまいますから、サロンとしては剃って欲しいと伝えてくる訳です。実際確かに火傷する可能性はあるので、剃っておく必要はあります。

施術の前に自己処理するリスク

ですが自分で体毛を処理するのも、リスクがあるのです。カミソリなどで処理をする時は、十分注意を要するでしょう。

もちろんカミソリには鋭い刃が付いています。という事は、自己処理なやり方を間違えてしまいますと、その刃が肌を傷付けてしまう可能性があるのです。肌が傷ついた状態で施術を受けるのは、とても大きなリスクがあります。

肌が傷ついてしまうぐらいなら、やはり自己処理しない方が良いのです。無理して自己処理してしまいますと、施術を受けるのも難しくなりかねません。デリケートな箇所は、あまり無理に処理しない方が良いでしょう。ハイジニーナや顔などのパーツは、自己処理しない方が無難ではあります。

ちなみに自己処理の方法は、何もカミソリだけではあります。除毛クリームや毛抜きなどの方法も一応あるのです。それらの方法で自己処理するのも、あまりおすすめできません。

一部のクリームの製品には、肌を痛めてしまう成分が入っている事もありますから、避ける方が無難です。ちなみにシェーバーは、比較的肌を痛めづらいです。ですからサロンとしても、シェーバーで処理して欲しいと伝えてくる傾向があります。

つまりシェーバーを使って、無理のない範囲で自己処理する必要はあるのです。

脱毛サロンはシェービングしてくれる

無理して脱毛するのを避けるとなると、どうしても剃り残しが生じます。フラッシュの光が反応してしまう可能性もありますし、困ってしまう事もあるでしょう。

ですが心配は無用です。実はたいていのサロンにはシェービングのサービスがあります。そもそも脱毛サロンには、脱毛用の専用マシンがあるでしょう。マシンがあるぐらいですから、もちろん自己処理用のシェーバーやカミソリもあるのです。

ですから剃り残しがあっても、実はサロンはシェーバーなどで処理してくれることも多々あります。有料のシェービングサービスがあるサロンも多いです。

もちろんシェービングする際には、肌を傷付けないよう最大限の配慮をしてくれます。肌のリスクを考慮すると、むしろ脱毛サロンに任せる方が良いでしょう。

シェービングは何円になるか

ちなみにシェービングの料金ですが、たいていのサロンは1回1,000円になります。ただその料金も、サロンによって異なります。

サロンによっては、パーツにより料金が異なります。デリケートなパーツのシェービングは1,500円になるものの、特にデリケートでないパーツは1,000円になるサロンもあります。デリケートな箇所は、やや慎重に作業する必要がありますから、料金も若干高めになる訳です。

一部の脱毛サロンは、無料でシェービングを行ってくれます。有料になるか無料になるかは、サロンによってルールが異なるのです。シェービング料金は、サロンを選ぶ基準の1つになるでしょう。

SNSでもご購読できます。